ソフトウェア

エクセルやワードが使えるWPS Office Personal Editionとは?

更新日:

しゅうぺ
こんにちは!しゅうぺいです

パソコンをご購入の際、とにかく値段の安い物を買うとMicroSoft Officeが入っていないなんてことありますよね
パソコンと言えば、ワード、エクエルを使うために買ったのに結局入っていなかった、なんてことありませんか?

実は基本的な機能だけしか使わないでいいということなら、
エクセル、ワードはすごく安く手に入れることができます。
またインターネットが使えるのならエクセルとワード、あるいはパワーポイントでさえ、無料で使えちゃたりします
今回はその内容を紹介したいと思います。

エクセル・ワードの代わりのソフト WPS Office Personal Edition

インターネット(オフライン)を使わないでエクセル・ワードを使いたいという方、おすすめは
WPS Office Personal Editionhは安くてお手頃です。

エクセルとワードの互換性があり、通常で使う分にはなんら問題のないイチオシのソフトになります。
このソフトには2つソフトが入っています
 WPS Writer(文書作成)
ワードと互換性があり、基本的な機能は変わりません

 WPS Spreadsheets(表計算)
エクセルと互換性があり、基本的な機能は変わりません

メリット

まず価格が安い断然安い、そして
普通に使う分には、ほぼほぼ問題なくエクセルとワードのように使用できる。

デメリット

エクセルには自動マクロというプログラムを作成することで、自動的に計算をしてくれるマクロという機能がありますが、
WPS Spreadsheetsには作成ができません。またエクセルで作成したマクロがこちらでは互換がうまくいかないことが多い。
(VBA搭載WPSを買えば作成できるがエクセルとの互換は完全ではない)
またWPS Writerで作成したデータはワード互換時に、レイアウトの崩れが起こることがある。

筆者も購入し使用してみました。
通常で使用する分には全く問題はありませんでした。

ビジネスで使用したり、プログラムを開発する人には向いていない仕様になっているようです。

インターネットの無料ソフトを使う

実はインターネットでgoogleアカウントに登録すると、ワードやエクセル、パワーポイントに似たソフトが無料で使えます
googleアカウント追加はここから)

ドキュメント・・・ワード
スプレッドシート・・・エクセル
スライド・・・パワーポイント

それぞれ互換性があり、簡易的な機能のみになるが十分な性能を備えています。

メリット

クラウンド上で使用するため、PCを選ばずどこでもアクセスが可能である。
またクラウドの利点を活かし、複数の人が離れていても同じファイルを見ることや編集する事が可能。
google独自のマクロが組めるようになり、パソコンが遅くてもクラウド上で処理するため、パソコンのパワーは必要ない。
他クラウド上のサービスと連携することが可能
スマホでも使用可能

デメリット

高度な機能は現段階では使えずgoogle独自のプログラムになる(エクエルでできていたマクロがスプレッドシートでは再現できないなど)

デメリットを上回るリメットが沢山あり、エクセルをもっていたとしてもgoogleスプレッドシートは使うべきです

結論

インターネットを使っているかいないかで選択が変わります。
またちょっとした表計算や、文書が打てればいいということなら、Kingsoft WPS Office Personal Editionで全く問題はありません。
もしインターネットが使用できるのなら、googleスプレッドシートだけの利用でも良いかと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しゅうぺい

このサイトの運営者。脱サラしたものの、貯金をどうやって守ろうか試行錯誤。 そんな中、サラリーマン時代では思いもつかなかった方法で倹約できる方法を次々見つました。そういった方法を皆さんにご案内していきます!

-ソフトウェア
-

Copyright© ノマドのしゅうぺい , 2019 All Rights Reserved.