ツール

サーキュレータを買ったほうがいい理由。賢く省エネと電気代を安くする置き方と使い方。

更新日:

しゅうぺ
こんにちは!しゅうぺいです。今日は通年使える便利な扇風機!?をお伝えします

 

「夏は上手に省エネしながら、涼しく快適に暮らしたい。」

それなら断然サーキュレーターをオススメします!

「サーキュレーター」という家電は、まだ馴染みが無いかも知れません。

扇風機の様な外観の家電ですが、簡単に言うと部屋の空気を循環させるてくれる機能を持ちます。

省エネ対策としても今話題のサーキュレーターは、エアコンと併用して使うことで電気代の節約に繋がります。

1台扇風機の購入を検討していらっしゃるなら、使い方によってはサーキュレーターを購入したほうがお得です。

省エネであり、年中使える便利なものなのです。

この記事でしっかり特徴を説明し、賢く使う為の2つの方法と4つの送風モードをご案内をします。

キーワード
空気循環にて涼・を摂る

 

そもそもサーキュレーターとは?特徴等

 

サーキュレーターは、部屋の空気を循環させる家電です。

強い風を一直線に遠くまで届けることが出来るので、空気の流れを作ってくれます。

例えば、夏場エアコンを利用している時、冷風が部屋全体まで行き届かない事がありますよね。

エアコン本体の設置の向きや場所によって、少し離れたところまで冷風が届かない時がある事は、多くの方に経験があるのではないかと思います。

そんな時の為に、扇風機を併用しているという方も多いと思いますが、実はエアコンとの併用なら、サーキュレーターの方がお得なのです。

サーキュレーターと扇風機の違

 

扇風機は風を体に当てて涼を取りますが、サーキュレーターは空気を循環させて涼を取るような送風機になります。

扇風機と対比させながら特徴を見ましょう。

特徴1 風の送る目的

どちらも風を送る家電ですが、その構造や使い方には違いがあります。

扇風機は人の体に風を当てる事に対し、
サーキュレーターは風を遠くに飛ばします。

特徴2 風の送り方

扇風機は幅広く前面に風を送るに対し、
サーキュレーターはスポットで空気を送る形になります。

特徴3 動作中の音

扇風機は羽を回すので風切音がするが、
サーキュレーターはモーターが動くだけなので音が静かです。

特徴4 小さくてコンパクト

扇風機と比べて圧倒的に小さくコンパクトです。
また、重量も2kgもありませんので女性でもラクラク運べます。

サーキュレータの風の飛び方と扇風機の風の飛び方

サーキュレータの風の飛び方と扇風機の風の飛び方

サーキュレーターの賢い使い方

 

空気の循環にて涼を摂る

 

サーキュレータの使い方の一つです。

扇風機のように風を体にあてるのではなく、部屋全体に風が回るような位置取りに置き空気を循環させる事により、部屋の空気を循環させます。空気は部屋の端まで届くと、壁に沿って這うように進んだり跳ね返ったりするので、循環になるという仕組みです。

エアコンの冷たい空気(暖かい空気)をサーキュレーターで隅っこまで飛ばして循環させると、
部屋全体の温度が下がり結果、気持ち良い涼を感じることが出来る
のです。

エアコンとの併用をお考えなら、間違いなくサーキュレーターの方が向いています。サーキュレーターとエアコンは相性が良く、エアコンの空気を効率よく部屋全体に行き渡らせてくれるのです。これは、扇風機では敵わない機能です。

そしてサーキュレーターの電気料金は、扇風機よりお得なのです。

扇風機の消費電力は30~40Wほど、電気代は一時間当たり約1.0円です。

対し、サーキュレーターの電気代は消費電力が10~30wほどで、電気代は一時間当たり約0.3~0.8円です。
用途にもよりますが、サーキュレーターを買った方が電気代の節約になるのは確かです。

こちらにエアコンの節約術の記事を取り扱っていますので併せてどうぞ!

 

 

また、外気を取り込み内気を外に出す事も可能なので使い方によって、次に説明するように除湿にもなります。

基本的な使用例

 

除湿で快を摂る

 

夏のジメジメした湿度は体感の暑さを倍増させますよね。

実はそれもサーキュレータの使い方によって除湿することができるんです。

エアコンでドライにして循環させれば、これも部屋全体の除湿効果をアップさせます。

室内の洗濯物の部屋干しにも、サーキュレーターを使うと風が強力なので時短で乾かしてくれます。
直接風を当てて湿気を飛ばして乾かす。そんな使い方ができます。
部屋干しで重宝するサーキュレーターの効果として、真上にも風を送る事が出来るという点です。かなり自由に風の方向を変えられるので、狭い空間でも使い勝手が良いのです。

部屋干しには扇風機でも同じような使い方が出来ますが、扇風機の風は拡散してしまうという特徴があります。空気の届かないところが生まれてしまうのです。

そこを「中」や「強」にして早く乾かそうとすると、電気を沢山つかってしまう上に、風が行き届かないところが出てきてしまいます。

部屋干しの洗濯物を乾かすには、サーキュレーターの方が効率的なのです。

真上に向ける事ができる

 

補足ですが、真下に風を送る事も出来るので、冬場に気になる足元の冷え対策としても利用できます。

 

具体的4つの送風方法

扇風機と違い使い方に数通りのやり方があります。

4つの風の送り方

ポイント

循環 天井に風を送って部屋の空気を循環させ、温度のムラを少なくする。

ポイント

換気 屋外の空気を取り込んだり、屋内の空気を排出します

ポイント

二部屋循環 二間続きの部屋の空気を循環させる

ポイント

洗濯物乾燥 直接風を当てることで乾きが早くなる

外観と重さやサイズ等

 

扇風機より一回り小さくて、持ち運びに便利!
重さもあまりないので女性でも簡単に持ち運びができます。

おすすめのサーキュレーター
アイリスオーヤマ サーキュレーター 静音 固定 ~8畳 ホワイト PCF-HD15N-W

まとめ

 

サーキュレーターは扇風機とは違い、もともと冷房家電ではありません。
空気の循環が目的であり、夏場の省エネ対策だけでなく、冬場のヒーターとの併用にも効果的です。

サーキュレーターは工業用品ですが、天井に設置されるシーリングファン同様に利便性が着目されてから、急速に人気が出てきました。
「サーキュレート(Circulate)」という単語は「循環させる」「流布」「伝わる」という意味で使われます。

オフィスや飲食店、電車やバスの中でありがちですが、冷房が効きすぎて寒い等といったことも、サーキュレーターなら解消出来ます。

サーキュレーターとは、いわば空気循環器なのです。今後、市場はさらに広がってゆく事が安易に予想できます。モーターを回すという単純な構造の為、電気代も極めて安く、高温多湿な日本の風土にこそ活用したい省エネ家電と今注目を集めています。

ですのでエアコンを使っているなら、扇風機を使うよりサーキュレーターが断然お得です。
部屋の温度が一定にしやすく、エアコンの温度を極端に下げる必要がなくなるため省エネにつながります

また湿気を防ぐための循環の役割もあるため、不快指数を下げることで快適に夏を過ごせるので

そして実はあえて説明しませんでしたが、直接風を体に当てても十分扇風機と同じで涼がとれます。(風のアタリが若干強いので、距離を離したほうが良いでしょう)

夏に使うだけではなく、冬にも暖房(ストーブ等)の空気を循環させるために使用することも出来るので経済的にもかなりお得です。

もう一度まとめ

・循環による室温のコントロール
・循環による湿度のコントロール

・静音性
・省エネ性
・軽量性
・省スペース性
・年中使える利便性

ぜひ積極的に利用してはいかがでしょうか。エアコンの消費電力を抑え、電気代の節約にもなります。

今年の夏は賢く快適に乗り切りましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しゅうぺい

このサイトの運営者。脱サラしたものの、貯金をどうやって守ろうか試行錯誤。 そんな中、サラリーマン時代では思いもつかなかった方法で倹約できる方法を次々見つました。そういった方法を皆さんにご案内していきます!

-ツール
-

Copyright© ノマドのしゅうぺい , 2019 All Rights Reserved.